豊胸で女性の魅力を底上げしましょう|理想の曲線的なスタイル

理想とする形や大きさに

ボディ

美しく見えるバスト

美容整形外科での豊胸術は、控えめなサイズのバストを大きくするためにおこなわれています。しかしそれだけでなく、形を美しくするためにおこなわれることも多くあります。たとえば、いくら大きくても、右と左の膨らみ具合が異なっていると、美しくは見えません。また、授乳期にはバストは大きく膨らみますが、卒乳や断乳をすると、しぼんでいきます。大きく膨らんだ分だけ、しぼみやすく、そしてしぼむことで垂れてしまいます。こういった、形における問題も、豊胸術で解消することができるのです。もちろん、バストの整形をしながら、より大きく膨らませることも可能です。つまり形も大きさも、理想とするものにしていくことができるわけです。そのためバストに関する悩みを抱える女性の多くが、美容整形外科で豊胸術を受けています。

注入による方法

豊胸術は、シリコンバッグや生理食塩水バッグを入れるという方法でおこなわれています。しかし現在では、脂肪やヒアルロン酸を注入するという方法でおこなわれることも増えてきています。脂肪もヒアルロン酸も、細い針で少しずつ注入されます。そのため一気に形や大きさを変えるのではなく、バランスや好みを考えながら、整形したり膨らませたりすることができるのです。つまり、より細かな調節が可能ということです。また、どちらも液体の状態で注入されるので、バッグを挿入した場合と比較すると、自然な仕上がりになりやすいです。触れた時の感触や、体を動かした時の揺れが、異物感のないものとなるので、その点でも注入による豊胸術には人気があります。